概要

保育理念

理念 どっちも大事(親と子)にし、最善の保育を行う。
子ども像

たくましく、やさしい、感謝のある子ども

基本方針

《学び》楽しく学べる保育を行う。

《体験》様々な事にチャレンジ出来る環境を整え、体験の中で学べる保育を行う。

《子育て支援》『どっちも大事』をモットーに、子だけでなく親への支援も行う。

《安全・安心》安全に過ごせ、保護者が安心して預けられる空間をつくる。

《地域》地域との交流、地域文化を大切にしながら地域福祉を増進する。

0歳児

・心地よい生活の中で「よく食べ(飲み)、よく寝て、よく遊ぶ」健やかな心身を育む。

1歳児

・基本的生活習慣の自立に向け、自分でしようとする気持ちや意欲を大切にする。

・安心できる大人の見守りの中で身の回りの色々な物(人)に関心を持てるよう育む。

2歳児

・概ね基本的生活習慣の自立を図り、自分でしようとする意識を育む。

・友達や保育士との関わりの中で自分の思いを言葉で表現する力を養う。

3歳児

・養護と個々の子供の要求を大切にしながら基本的生活習慣の自立を図る。

・集団生活への適応の初歩を経験させ、遊びを通して生活経験の拡大と創造の芽生えを育てる。

4歳児

・集団遊びや生活の中で相手のことを考えたり、認めたりしながら友達との関わりを深めていく。

・豊かな体験を通して挑戦する気持ちを育て、達成の喜びを感じることにより自信につなげる。

5歳児

・社会生活で必要な態度を身につけると共に自然や身近な事象に関心を持ち、豊かな心情や知的好奇心、探究心を高める。

・運動機能の充実を図ると共に、意欲的、創造的に学び、遊び、行事などの共通の目的に向かって取り組みやり遂げた達成感を味わう。

沿 革

●1957年12月  永興保育園 開園
●1978年4月  永興小金塚保育園 開園
●1983年4月  永興保育園 改築
●1998年4月  永興小金塚保育園 改築
●2000年4月  学童クラブ 開設
●2010年4月  永興藤尾塚保育園 開園
●2013年4月  永興北白川保育室 開設
●2015年4月  永興くじょう保育園 京都市から民間移管
●2015年4月  永興富士見保育園 開園

永興保育園グループについて

グループ構成
社会福祉法人 永興福祉会

永興保育園、永興小金塚保育園、学童クラブ、永興北白川保育室、永興くじょう保育園

社会福祉法人 禅心福祉会

永興藤尾保育園、永興富士見保育園

施設長
永興保育園:後藤洋平
永興小金塚保育園:須永博子
永興藤尾保育園:伊藤洋子
永興北白川保育室:由良晶子
永興くじょう保育園:後藤良博
永興富士見保育園:後藤典生
総職員数
約100名



設立当初の様子

左上:最初の園舎 上中:永興保育園正面
右上:永興保育園園庭 左下:永興小金塚保育園
左中:永興藤尾保育園 右下:永興富士見保育園